いびきに悩む方必見!おすすめの『横向き枕』ランキング

海外から比べ日本人はよく働くと言われており、寝る時間と食べる時間以外は働いているという方も少なくないでしょう。一昔前の日本の状況よりは、働き方改革の施行などにより就業時間なども改善されてきつつありますが、まだまだ仕事で睡眠時間もままならないという方も少なくないでしょう。

働いている人を中心に、睡眠で疲れが取れず、十分な質の睡眠がとれていないという方も多いようで、中にはいびきや無呼吸などによる症状が出ているという方も少なくないでしょう。

今回は、そんな睡眠で悩む方必見の、『横向き寝枕』についてご紹介していきます。

 

利用者増加中の『横向き寝枕』とは?

巷で話題になっている『横向き寝枕』とは、その名の通り横向き専用の寝枕となっています。

横向きで寝る人に向けて専用に作られているこの枕は、横向き寝による「いびきの防止」や「リラックス効果」をもたらすと言われており、いびきや不眠などを抱える人に注目されている枕です。

横向き寝枕は、通常の枕とは異なり、枕の真ん中に凹みがあるなど、特徴がある枕となっています。

 

初めての方はチェック!横向き枕を選ぶ3つのポイント

横向き枕を購入する上で、どのようなことに気を付けて選択すれば良いのでしょうか。

ここからは、初めて横向き枕を購入する場合に気を付けたいポイントについて見ていきましょう。

高さ・幅をしっかり選ぶ

まずは、基本的なことですが、高さと幅をしっかりと選ぶことです。

高さが高すぎたり低すぎたりするとせっかくの横向き枕もその性能を十分に発揮できません。

横向き枕は通常の枕と違って横向きで寝ることが前提のため、通常の枕の考えよりも高い枕にする必要があります。しかし、一晩中横向きで寝るということは無いと思いますので、両方に適した枕にする必要があります。

枕のメーカーや商品ごとに作りや性能は異なりますが、一般的には両方の機能を持ち合わせているため、両方のパターンで枕を試してみると良いでしょう。

一番良いのは、ベッドなどが置いてあるお店で、枕を試すことですが、通販の場合はそれが出来ないため、めぼしい商品がある場合には、お店で試して、ネットで注文するということが理想的でしょう。

高さの理想はこぶし2

横向き枕の高さの理想は、こぶし2つ分の高さと言われています。

横向きの時にはその高さで良いのですが、あお向けで寝る場合にはこぶし1つ分と言われているため、その高さに合った枕が良いでしょう。しかし、人によって理想の高さは異なるため、全員にその高さが合っているとは限りません。

 

材質で選択する

横向き枕を選択する上で重要なのは、材質を選択することです。

横向き枕以外にも言えることですが、枕によってそれぞれ使用している材質が異なり、それぞれ以下のような素材の種類があります。

パイプ

パイプの素材の特徴としては、通気性に優れており洗濯も可能で、パイプの量によって高さが変更できることが特徴的です。

硬さはそのパイプの種類によって異なるため、一概には言えません。お店で確認してみると良いでしょう。

ポリエステルわた

ポリエステルわたは、軽くて弾力性があり、やわらかな素材ということが特徴で、通気性や選択のしやすさはやや難がありますが、頭の形にフィットしやすいことも特徴の一つです。

低反発ウレタン

ウレタンの中でも低反発ウレタンは柔らかな素材ですが、洗濯が難しいものが多く、ゆっくり沈み込むのが特徴的で、一時期ウレタン素材の商品に注目が集まりました。

高反発ウレタン

ウレタンの中でも高反発ウレタンは、柔らかさは硬めで、マシュマロの様な感覚ですが高反発の場合には低反発よりもゆっくり沈んでいきます。

洗えないものが多いのが特徴的で、通気性も悪いですが、体にフィットするということと、一時期人気を集めたため、今でも利用される方は多い素材です。

羽毛

羽毛は枕の素材の中でもとてもやわらかい素材で、通気性が良く高級布団などにも利用されている材質となります。羽毛が好きな人も多いと思いますが、柔らかすぎるため枕としては体に合わない人もいるため、羽毛だから良いだろうと思わずに、自分に合った枕の素材を選ぶと良いでしょう。

マイクロビーズ

パイプと似たような素材のビーズは、クッションなどに利用されることが多い素材です。

マイクロビーズは、その中でも特に小さな素材となっており、頭のフィット感がとてもよく、マイクロビーズを希望される方も多いようです。

このように、枕の素材には様々なものがありますが、人によって合う・合わないがありますので、自分に合った素材を探すことが必要です。

 

洗濯できるか確認する

横向き枕を購入する上で選択するポイントの一つに、洗濯できるかどうかがあります。

せっかく良い枕を購入しても、洗濯が自宅で出来ない枕の場合にはこまめにキレイにすることが出来ず、ストレスを感じてしまう方もいるでしょう。

洗濯できる横向き枕を選択することにより、丸洗い出来て、いつもきれいな状態で枕を利用できるため、特にきれい好きの方にとっては重要なポイントでしょう。

枕は顔や頭をつけるところのため、ダニや皮脂・垢など肌に付着してしまう可能性があるため、布団や敷布団などと同様に選択して天日干しするなどすることで、快適な眠りを実現できるでしょう。

 

横向き枕の効果と対策について

ここからは、横向き枕の効果について見ていきましょう。

横向き枕はいびき防止になる

横向き枕を利用することで、いびきの防止になると言われています。

横向き枕は、横向きで寝るための専用の枕となっており、横向きに寝ることで人間が呼吸をするための「気道」がしっかりと開き、いびきの原因となる気道を塞ぐ体制を防ぐことが出来ます。

気道が塞がれる原因は、舌にあると言われており、仰向けに寝ることで舌が気道を塞ぎ、その結果いびきが発生すると言われています。

横向きに寝ることで気道を塞ぐ舌が横に移動するためいびきを解消することが出来ます。

横向き枕は腰痛対策に

横向き枕を利用して横向きに寝ることで腰痛解消につながると言われています。

仰向けに寝る方の中で、腰痛を持っている方は、背筋をまっすぐ伸ばすことや柔らかい布団で寝ると腰が沈み腰痛を悪化させると言われていますが、横向きで寝ることで楽な姿勢で寝ることが出来ます。

横向きで寝る際にも、通常の枕の場合には首が曲がってしまいますが、横向き枕は首や背筋をまっすぐにした状態で眠れるため、腰の負担も軽減出来ます。

横向き枕は快眠効果がある

横向き枕の利用は、快眠効果も期待できます。

横向きで眠ることで、人間が呼吸するために必要な気道をしっかりと確保することが出来るようになり、自然な呼吸のまま眠ることが出来ます。

そのため、仰向けで眠るときよりも気道をしっかり確保でき、自然な眠りが実現でき、十分な睡眠を確保できるようになるでしょう。

睡眠の質が充分取れているときには、起きたときに頭がすっきりとし、日中の眠気なども起きずに過ごすことが出来るでしょう。

 

横向き寝のメリットとデメリット

ここからは、横向き寝のメリットとデメリットを見ていきましょう。

横向き寝のメリット

まずは、横向き寝のメリットですが、以下のようなものがあります。

  • 腰痛の解消
  • 快適な睡眠
  • 内臓の負担減少
  • いびきの解消
  • 無呼吸の解消

このように、沢山の効果があると言われている横向き寝ですが、いびきや無呼吸の解消については、呼吸の問題である気道の確保をすることで実現できますが、それ以外では内臓の負担を減少できるということも言われています。

内臓の負担を減少するというのは、仰向けで寝る場合より、横向きで寝るときの方が胃などの内臓を圧迫することなく睡眠をとることが出来るため、不安が少なくなると言われています。

横向き寝のデメリット

横向きで寝ることへのデメリットはあるのでしょうか?

横向きで寝るデメリットとしては、以下のようなことが考えられます。

  • 肩への負担
  • 首への負担
  • 顔のしわが増える

横向きで寝ることで、体重が少ない面積で支えられるため、肩や首への負担が掛かる可能性があります。

しかし、それは横向き枕を利用することで解消される可能性があるため、普段横向きで寝ることが多い方は、横向き枕で寝ることで肩や首への負担を軽減できるでしょう

顔のしわが増えるというのは、横向きで寝ることで、顔の横側が仰向けで寝るときよりも圧迫されるために、しわになるということですが、それだけが原因とは限らないため、そこまで気にすることは無いでしょう。

 

横向き寝・仰向け寝の違い

横向き寝と、仰向け寝の違いについて見ていきましょう。

横向き寝と仰向け寝では以下の様な違いがあります。

  • いびきについて
  • 腰痛について
  • 枕について

横向き寝と仰向け寝では、いびきや腰痛、枕の違いがあります。

仰向け寝の場合にはいびきが発生する原因となる舌が気道を塞いでしまうということや、腰痛を悪化させてしまうことなどがありますが、横向き寝の場合には、それらが解消できる可能性があります。

ただし、横向き寝の場合には、通常の仰向けで寝ているときの枕を利用すると、かえって首に負担をかけてしまうケースがありますので、横向き寝で寝るときには、専用の横向き枕を利用すると良いでしょう。

様々な良い部分がある横向き寝をする場合には、枕で逆効果にならないように横向き寝枕を利用することで、快適な睡眠を得ることが出来るでしょう。

 

枕選びと横向き枕のまとめ

ここまで、横向き寝をする際に購入すべき横向き枕についてご紹介してきました。

横向き寝をする際には、通常の枕ではなく、横向き寝専用の枕を利用することがおすすめで、枕を選ぶポイントとしては、枕の高さや幅、素材、洗濯できるかなどに注目して選択するようにしましょう。

横向き寝でいつも寝ている方は、せっかく快眠効果のある寝方をしているのに、その効果は枕のせいで薄れてしまっている可能性があります。

これを機会に、横向き寝の枕を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの『横向き枕』ランキング

更新日:

Copyright© 快眠育成市民会議室 , 2019 All Rights Reserved.